MTR的活動日誌

現在、大阪で働いている福岡人が気の向くままに範囲が広くなっているかどうかは分からんけど、なんだかんだで綴っている趣味系統のブログらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CRH2改登場

中国国鉄の高速列車で、我々日本人に最も馴染みがあるのが、このCRH2。


画像はwikiより

ベースになったのは、E2-1000ってのは知ってると思いますので、その辺は以下略。
川重で製造された編成は現在、専運(中国共産党幹部専用列車)に当てられていますが、初期のCRHシリーズでは、メジャーな車両の一つです。

fc2_2013-01-18_06-23-20-139_convert_20130118113638.jpg
なんだかんだで、CRH2は使い勝手が良いようで、その後も色んな変化をしつつ、製造が続けられていきます。
上の変なライトもその一つ。

そしてこの間、新しいCRH2が登場したようなんですが...


側面しか面影が残ってませんな。

まぁなんですか。
この微妙な前面になってしまうのが、いかにも中国らしいなぁと思ってしまいますよw

ちなみにこれ、中国の鉄道ファンの間では大不評のようで、ある掲示板では、ボロクソに書き込まれてましたよ。
普通に「これぞ中国6000年の妙技w」とか書いてたやつがいたもんな。

なんだかんだで、向こうの鉄道ファンもわりとキツいことを言うみたいね。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/18(金) 06:30:10|
  2. 鉄道(中国)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CRH6が試運転したのはいいんだけどさ...

まぁ噂は兼ね兼ね聞いており、気にはなっていたんですが、中国国鉄が城際鉄路用に通勤タイプのCRHを製造するという話があったんですよ。
形式ですと、CRH6。

どんな感じになるのかなぁと思っていたのです。
つか、ちゃんとやんのか?という思いもw



画像は新華社とかその辺から。

完成予想図はこんな感じでした。
なかなかカッコいいなぁと思ったんですよね。


ほんでまぁ去年の5月には、モデルが完成。
これ、マジでカッコいいね。

後はこいつを大量生産して、試運転になるんだろうと思いきや、試運転に出てきた車両はこんなのに...。



どうしてこうなった?

どう考えても変わりすぎやろ?
あの前面をどうしたら、こういうことになるわけさ...。

マジでちょっと変えましたレベルじゃねぇぞ、これw

まぁこれはこれでなかなか良いし、模型が出たら欲しいけど、それにしても変わりすぎやろうて。
何があったのさ?

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/15(火) 08:46:17|
  2. 鉄道(中国)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九広直通用客車 RZ25Z

現在、香港と中国本土を直通する列車は2タイプありまして、一つは北京・上海からやってくる夜行列車と、もう一つは広州と香港を結ぶ直通列車。
その内、広州と香港を結ぶ直通列車(以下九広直通と表記)には、専用の客車が充当されており、仕様も本土とは異なった仕様になっています。

まあこの客車もMTR側と中国国鉄側で異なるんですが、今回は中国国鉄側の客車をご紹介。

DSCF8813.jpg
SS8+RZ25Z

こちらが九広直通に充てられているRZ25Z客車。
一瞬、RZ25Kと間違えそうになりますが、RZ25Zの場合、客車の車高が本土よりも低く、また窓の形も異なっています。

また、全車両軟座車というのも特徴の一つです。

ではでは、客車のご紹介。

DSCF8774.jpg
KD25Z

空調電源車。
日本で言えば、カニとかその辺だと思います。

DSCF8775.jpg
DSCF8780.jpg
DSCF8776.jpg
RZ25Z

軟座車のみでの構成となっていますが、窓割りの関係で、3~4種類くらいタイプがあるみたいです。
多分、トイレ付きとかその辺やと思う。
その関係か、RZ25Kと違って、窓の形が長方形になっています。

DSCF8777.jpg
RZ25Z 110832

中には車椅子対応の客車もあります。
まあ実際はどうなっているかは知らんけどね。

ただ、この客車・・・

12月23日をもって、RZ25Tに置き換えられてしまいました・・・

ただ、全車両軟座車での構成は変わらないようです。
まあKTTとの差がね・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/26(水) 07:00:18|
  2. 鉄道(中国)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

中国版正しい列車の乗り方

てなわけで突然中国列車特集を書いたわけですが、〆は列車の乗り方についてでも

DSCF9343.jpg
まずは駅へ行き、荷物をX線検査に通します。
基本的にこれをしないと駅の中にすら入れません。
普通の人は「テロ防止?」と思ってしまうでしょうが、実際はそんなんではなく、何も知らない人民が車内に危険物を持ち込むのを防止するためです。
とはいっても、この辺の服務員はあんまり仕事をしていませんがね。

DSCF9345.jpg
X線検査が終わった後は窓口へ行き、乗りたい列車の切符を購入します。
日本語は当然ですが、英語ですら通じない場合が多いですので、予め乗りたい列車の番号と座席の等級、何人で乗るかというのを紙に書いて渡すと良いでしょう。
ちなみにちょっと前までは外国人も人民と一緒に並ばなかったいけなかったんですが、最近は外国人用の窓口が設置されています(ただし英語はほとんど話せない職員が多い)。
尚、発券の際、パスポートが必要ですのでお忘れなく。

DSCF9346.jpg
乗りたい列車の状況については上の電光掲示板に表示されています。
発券の前には必ず確認しておいたほうが良いですよ。

DSCF9344.jpg
こちらが乗車券。
何気にICチップが組み込まれています。
消している部分にはパスポート番号や身分証番号が書かれています。

DSCF9350.jpg
DSCF9351.jpg
切符を通した後はすぐに改札口へ行って、ホームへというのは出来ません。
中国では乗る列車毎に改札を行うので、案内があるまで待合室で待ちます。

DSCF9347.jpg
案内はこういった電光掲示板で表示されています。
見方としては左から列車番号、発車時刻、乗車できるかどうかというのが表示されています。

DSCF9356.jpg
案内があるとホームへ行くことが出来ます。
指定されたホームへ行きましょう。

DSCF9357.jpg
ホームにはこういった案内があるので、乗る列車を間違えないようにね。

DSCF9253.jpg
停車中のCRH1

DSCF9218.jpg
車内にはこういった案内があります。
等級を間違えるとエラい目にあいますので、お間違えの無いように。

DSCF9193.jpg
車内に入ると指定された座席へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・と行きたいんですが、残念ながら人民はそんなのは守りませんので、とりあえず空いた座席に座るのが良いと思います。
ちなみにテーブルが付いている座席はすぐに埋まります。

まあここまで済めば、後は目的地まで適当に過ごしてください。
っても、風景はマジで微妙だけどね。
ちなみにサービスもそこまで良くはありませんので、いくらCRHに乗ったからとはいえ新幹線並みのサービスを期待したら駄目ですよ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/05(土) 01:14:46|
  2. 鉄道(中国)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国で撮影した客車

前回は機関車を取り上げましたので、今回は客車編。
まあ中国の場合、今でも移動の主役は夜行列車でして、春節や国慶節なんかになると凄まじい混雑になります。
今回はそんな中国の客車のご紹介。

DSCF9261.jpg
25T型客車  撮影地:広州東
2004年に25K系の後継車両として登場した客車。
一応、160km対応車となっていますが、実際は200kmまでスピードを出しても大丈夫とのこと。
元々はZ列車と言われる北京~上海間をノンストップかつ全室1等軟臥車で構成されていた夜行列車の運用に着いていたんですが、CRHシリーズの増車によって地方の線区へ転属が相次ぎ、その際に硬座車などに改造された車両もあります。
車両は同時期に登場したボンバルディアとの技術提携によって誕生した25T(BSP)タイプの客車をベースに製造しており、BPSとの違いはクーラーや床下周りなどが大きく異なっています。

DSCF9415.jpg
25K型客車  撮影地:MTR羅湖
1998年に登場した特快専用の客車。
この客車から160km対応となっています。
この車両は短距離輸送から長距離輸送まで対応する為、客車は硬座、軟座、硬臥、軟座の全てのタイプが製造されています。
また国際列車にも使用されている車両でもあります。
現在は特快列車に使用されているものの、近々CRHによって置き換えられる計画が上っており、置き換えられた際は地方転属になる可能性が高いと思われます。

DSCF9407.jpg
DSCF9410.jpg
25G型客車  撮影地:深セン駅
1991年に試作車が登場し、1995年から量産化が開始された車両。
この車両から全車に冷房が取り付けられるようになりました。
最高速度は120kmの為、特快などといった優等列車からの運用は外れているものの、快速などには使用されており、中国では最もポピュラーな客車であると思われます。

ちなみに余談ですが、最もポピュラーかつよく見かける客車だけあってか、よく列車事故のニュースではくの字に折れ曲がっていたり、川に落ちていたり、脱線して横転していたりと、テレビに映るときはまともな姿ではないことが多いです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/05(土) 00:41:36|
  2. 鉄道(中国)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

MTR港鐡

Author:MTR港鐡
福岡市内に生息する虎党。
いろんなものを追いかけすぎて、収集がつかなくなっています・・・。

これまでの訪問者

おいでませ当ブログへ

閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
566位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。