MTR的活動日誌

現在、大阪で働いている福岡人が気の向くままに範囲が広くなっているかどうかは分からんけど、なんだかんだで綴っている趣味系統のブログらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平壌地下鉄DK4型のその後

平壌地下鉄DK4形は、1972年から1973年にかけ、長春軌道客車にて345両製造された車両。

まあ同時期に開通した北京地下鉄の車両と同一の車体構造をしており、90年代の平壌を代表する地下鉄車両だったんですが、ベルリンUバーンから中古車をもらったことで、1998年に全編成が運用を離脱したようですが・・・

なんだかんだでまだ生き残っているようですよ

Ex_pyongyang_metro.jpg
wikiより

運用離脱後は第三集電方式から、架線集電方式に改造され、現在も平壌近郊の路線で走っているそうな。
しかし、この屋根に乗っているデカい箱は何?

まさかとは思うけど、クーラーとかいうオチ?

u-bahn-1010-sinuiju.jpg
編成の中には、中間車から改造した車両もあるようです。
個人的にこの無理矢理過ぎる改造は、大好きw

つか、貫通路も潰しているみたいね。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/07/17(火) 12:10:48|
  2. 鉄道(韓国、北朝鮮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

先軍赤旗1号

最近の北朝鮮の鉄道は、東欧圏で使用されていたM62型機関車(東独でのあだ名は「スターリン最後の復讐」)を無理矢理電気機関車に改造して、強行型という名前で走らせていたんですが、この度、新型機関車の開発に成功したようです。


新型機関車の完成を知らせるKRT報道

名前は先軍赤旗1号だそうな。
ぱっと見た感じでは、いかにも共産圏っていう顔だけど、よく見たらこいつインバーター制御じゃね?

いつの間にこんなの作ってたんだ?

うわあ模型が出たら欲しいなあ・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/23(月) 20:33:42|
  2. 鉄道(韓国、北朝鮮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KTXを撮影してきた。

現在のKORAILの高速列車と言えばKTX。
まあ韓国版新幹線とか呼んでいる人がいますが、あれはTGVの技術を使っているので、全く別のものになります。

もちろんこの間の時に釜山駅で撮影してきましたよ。

DSCF0636.jpg
DSCF0640.jpg
停車中のKTX-I33編成と35編成
どちらもアルストム社からノックダウン生産された編成です。
TGVとの違いは、車体の筐体をTGVより強化している所です。

DSCF0644.jpg
ノックダウン生産である証拠はこのプレート。
1~12編成はフランス国内のアルストムの工場で組み立てたのをそのまま持ってきたので、ロテムの表示はありません。

DSCF0643.jpg
側面のKTXのロゴ。
なんか若干ボロボロになっているのは気のせいか?

DSCF0658.jpg
客車はTGVの特長とも言える連接車体になっています。
その為、走行中に独特のジョイント音が響きます。
分かりやすく言えば、小田急ロマンスカーみたいな音ですな。

DSCF0649.jpg
ソウル方面の客車1号車にはロッテシネマカーなんてものが設置されています。
多分こっちで言えば、ウエストひかりがあった頃にあったシネマルームみたいなのじゃないかな?

DSCF0657.jpg
一般客車はこんな感じ。
意外と車体長は短いですよ。
後、意外なくらいに狭い。
少なくとも見た感じでは、翌日乗ったセマウル号の方が広かったような気がします。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/29(木) 00:25:34|
  2. 鉄道(韓国、北朝鮮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セマウル号に乗ってきた。

KTXが開業する前のソウル~釜山間の主力列車はセマウル号と呼ばれる特急列車でした。
まあ開業後は活躍の場を地方の都市などに移していますが、今でもなんとかすれば乗ることは出来ます。

てなわけで、この間の韓国・釜山旅行で乗ってきました。
っても、乗った区間は釜田から海雲台までですが・・・

DSCF0854.jpg
釜田駅に停車中のセマウル号。
以前、動画で見た際は連結器のカバーを取り付けていましたが、自分が乗車した時には外していました。
ちなみに運行方式はプッシュブル。

DSCF0866.jpg
DSCF0865.jpg
客車部分はこんな感じ。
プッシュブル方式なので、車内はかなり静かです。
その代わり、加速はもの凄く遅いけどね・・・。

DSCF0858.jpg
乗ったのは釜田発東大邸行きのセマウル号なんですが、側面サボの表記が日本そっくり。

DSCF0859.jpg
車内は意外と広いです。
まあ軌道幅が1435mmってのもありますが、とにかく広くてビックリ。

DSCF0860.jpg
シートはリクライニングシートなんですが、フットレストなんかが付いており、乗り心地はかなり良いです。
しかもシートもかなり倒れますので、下手な日本の夜行バスのシートより快適です。

DSCF0864.jpg
こちらもムグンファ号と同じく多目的室が取り付けられています。
っても、東大邸まで2時間半くらいだったので、カラオケルームなんかを利用する人がいるのかどうかは甚だ疑問に思いますが・・・。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/28(水) 23:43:01|
  2. 鉄道(韓国、北朝鮮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東部海岸線用のムグンファ号その2

DSCF0664.jpg
まあ機関車牽引のムグンファ号は前の日記で取り上げましたが、ムグンファ号にはもう1つありまして通勤用気動車から改造したムグンファ号があります。
今回はそれの特集。
DSCF1093.jpg
9000系ムグンファ号  撮影地:釜田
この車両は元々9501系という形式で、1996~99年に大宇重工業で131両製造されました。
主に都市圏の非電化区間の通勤輸送に使われていたんですが、広域電鉄化や輸送人員の減少などによって過剰気味になっていた所、老朽化したムグンファ号用機関車9211系気動車置き換えの為に改造されました。
DSCF0853.jpg
改造箇所としては主に
・2ドアだったのを1ドア化
・大型リクライニングシートに交換
・フリースペースの設置
・ムグンファ号用の塗装に変更
になっています。

ただ改造できなかった場所はそのままになっているようで、普通にロングシートで吊革がそのまま付いているという車両がありました。
DSCF0861.jpg
この無理矢理なドア撤去跡がステキすぎますw

運行区間は京釜線・慶全線・東部海岸線で使用されています。

○おまけ
DSCF0852.jpg
釜田駅で撮影した7000型機関車。
大宇製の機関車で、あだ名はボンゴらしいんですが・・・

普通にカバじゃね?

  1. 2011/09/27(火) 04:04:16|
  2. 鉄道(韓国、北朝鮮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

MTR港鐡

Author:MTR港鐡
福岡市内に生息する虎党。
いろんなものを追いかけすぎて、収集がつかなくなっています・・・。

これまでの訪問者

おいでませ当ブログへ

閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1791位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
370位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。