MTR的活動日誌

現在、大阪で働いている福岡人が気の向くままに範囲が広くなっているかどうかは分からんけど、なんだかんだで綴っている趣味系統のブログらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和歌山遠征(2015年9月13日)

昨日は日曜日。
特にこれといった予定も無く、「なんしようかなぁ?」と思っていた時、ふと和歌山バスを撮影したことないのを思い出し、行くことに。


自宅を出て、谷町線→(南森町乗り換え)→堺筋線のルートで天下茶屋へ向かい、天下茶屋からサザン(指定席利用)で和歌山市駅へ。
運良く、緑サザンに当たりましたよ。



もちろん、7000系も撮影。
つか、撮影者が多かったね。


まぁ自宅を出てから、約2時間くらいで到着するわけですが、昼前に家を出たので、この段階で14:00近く…。
ここはバスの本数が少ないのと、腹がへっていたので、バスで和歌山駅へ。


和歌山駅からは徒歩で移動し、まず最初の目的地である井出商店へ。
有名店なせいか、並んでいる人が多かったですね。

もちろんここで食うのは…


和歌山ラーメン!

醤油豚骨と聞いていたので、少し身構えましたが、めっちゃ美味かったです。
この味はハマるわ。

後、和歌山ラーメンの場合、ラーメンと一緒に鯖寿司を食べるという文化がありまして、鯖寿司もいただきました。

んでまぁ、和歌山ラーメンを食べた後は、和歌山駅で和歌山バスを撮るんですが、撮影してた時間なんかの問題で…。




この辺の車両しか来ねぇ…

まぁたまに大型ツーステは来るんですが(これは後で特集を組みます)、それ以外はレインボーHRのロングとショートばっかり…。

しかも、詐欺なんかの啓発広告を貼り付けた車両がやたらと多いんですよ。

和歌山って、そんなに騙される人が多いのかな?

そして、なんだかんだで2時間半くらい撮影してから、再びバスで和歌山市駅へ。


帰りもサザン(指定席)です。
まぁ指定席車はガラガラやったけどね。

そして、サザンで天下茶屋へ向かい、日本橋で軽く買い物をし、梅田で知り合いの人と飯を食ってから、帰宅。

まぁこんな感じの和歌山遠征でしたが、また近いうちに行こうかな?
まだ撮れてない車両も多いし。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/14(月) 00:11:26|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恒例の下関訪問(12月16日)

先週、いつものサークルの忘年会が小倉で開催されまして、あるのは夜からやしってので、昼間は下関へ行ってきましたよ。


行きはCRH3そっくりというか...

ほぼパクった

ような感じになった885系ソニックにて小倉へ。

つか、前面に和詣号っていうロゴを入れたいわ、これ。


小倉からは勝田の置物で関門越え。
まぁこの辺はいつものパターンだよね。



もちろん恒例のチェックは忘れずに。
そして、下関に到着。


下関からはタラコで北上。
っても、幡生で下車しましたが。


幡生では恒例の解体線チェック。
まぁ普通だね。

この辺は後でやります。


来るたびにこいつがボロくなっとるのは気のせいか?

んでまぁ解体線チェックの後は、これまたいつものようにサンデンで下関駅へ。
っても、いつも丸山町経由なので、今回は東駅経由のに乗ってみました。

まぁ中国地方では至って普通な運転でした。


駅に着くと、ロンドンバスが待機中。
香港バスとほぼ同じ高さを楽しめるんだけど、スピードは遅いんだよね。

向こうは割りと飛ばすらしいけど。



シーモールへ寄ってみると、開店35周年ってことで、中ではイルミネーションが。
なかなか綺麗でしたよ。


駅前にはこんな広告が...

どう見ても風俗ですw

流石はネタの王国山口県www


その後はこれまたお約束のごとく、サンデンを撮影。
それなりに収穫はありましたので、こちらも後で特集を組みます。

まぁその後は小倉へ戻り、サークルの人達と合流した後はステージ1で走らせ、そして、小倉駅で忘年会となり、福岡へ帰りましたね。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2012/12/23(日) 00:47:27|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香港旅行記(11月26~28日) 3日目その2 離港→帰福


離港。

それは個人的には悲しい言葉の中でもトップ3に入る言葉です。
まだまだいたいですが、帰らないといけません。


名残惜しいのか、アエロフロートが見送りに。
初めてアエロフロートを見たぜ。

んでまぁ軽く撮影しつつ、搭乗口へ。
途中、急な変更でダッシュしたのはお約束。


帰りもチャイナエアラインです。
もちろん機体はA330-300。


あっという間に桃園空港に到着。

まぁ乗り継ぎのシステムは分かっているんですが、今回は3時間待ち。
暇です。



小腹がすいたので、レストランで牛ホルモン煮込み麺を食いつつ、台湾ビールで一杯!

美味いんだなぁ!これが!

ちなみに台湾の方は味がこってりとしていて、麺も太いです。

後、日本円が普通に使える上、周りには日本人しかいません。



食後の一服をしに喫煙所へ行くと…

日本語の注意書き!?

しかも、雰囲気も昔の福岡空港なんだよね。
なんか日本にいる気分。



搭乗口で待ってても、普通に日本語のアナウンスが流れますし、これがまたえらい流暢なんだわ。
驚き。


そして搭乗開始。
後は福岡まで一直線。




機内では機内食食って、台湾ビール飲んで、白ワインを飲んでたら、なんだかんだで福岡到着のアナウンスが。
自宅上空を旋回しつつ、16番滑走路に着陸しました。


到着時は丁度、ハワイアン航空が離陸準備中でした。


てなわけで、福岡に帰って参りました。

まぁいろいろと楽しめた香港旅行。

来年も行けるよう頑張りますw

劇終!

テーマ:香港 - ジャンル:旅行

  1. 2012/12/04(火) 03:52:17|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香港旅行記(11月26~28日) 3日目その1 王蟲の大群

さて、香港旅行もこの日が最終日。
朝、ホテルをチェックアウトした後、両替などを行い、某氏の提案でバスで向かうはMTR紅磡駅(ホンハムえき)。


まぁこの駅は香港のターミナル駅の一つなんですが、なんかあったっけ?と思いつつもついて行きます。


駅前のバスターミナルに、城巴のハイエースが停車中。
つか、ここハイエース大好きね。

あちこちで見かけるもん。

とはいえ、ここで撮影するのかと思いきや、移動。


丁度、広州行きの列車が出てたので撮影。
ん?なんか左側がおかしいとカメラを向けて見ると…。


!?

向かいます。



なんじゃこりゃ!?

リアルで王蟲の大群やないけ!!

いやぁマジで2階立てバスが王蟲の大群みたいになってます。


というのも、紅磡(ホンハム)の場合、すぐそばに香港島へ向かう海底トンネルの入り口があり、九龍側から香港島へ向かう路線のほとんどがここを通る為、ラッシュ時はこんな事になるとか。
丁度、撮影時はラッシュ時だったので、2階立てバスが王蟲の大群を成していたわけです。

んでまぁこの道路を横断する陸橋は、香港巴士迷の中では超メジャーな撮影ポイントなんだとか。



てなわけで、撮影するわけですが…

次から次にバスがやってくるのでカメラが追い付かない…

結果、1時間で200台近くのバスを撮影しました。

多分、今までの中で最高記録なんやない?

しかし、そんな時間もあっという間に過ぎてしまい、空港へ行かなければいけない時間に。



紅磡から西鐵線で移動します。
そして、尖東にて関西に帰る某氏とお別れ。

ここからは一人で空港へ。


南昌(ナンチャン)で東涌線に乗り換えて九龍へ。
なぜ九龍へ向かったのかというと…


AELに乗るため。
荷物が多かったので、ここのチャイナエアラインのカウンターでチェックイン。
大きな荷物はここから福岡まで直行です。


そしてホームで待つこと数分で列車が到着。


実はAELに乗るのは初めてでして、どんな感じなのかなと思って乗ってみたわけです。
車内は欧州ではようある集団見合わせシート。


駅を出ると、思いっきり飛ばしていきます。
なんせ最高時速は160km。

速いのなんの。



車内のテレビでは、CMや次の飛行機の時間などが表示されてます。

ただ、このAELにも欠点がありまして…


ランタオ島へ渡る橋はトンネルになってて、景色が見られないのよ。
まぁ定時って事を考えたら仕方ないけどね。

後、地味に高い。
城巴機場快線が30HKDくらいなのに、こっちは100HKD。

まぁその分、速いけどね。


なんだかんだであっという間に空港到着。
いよいよ香港を離れます。

テーマ:香港 - ジャンル:旅行

  1. 2012/12/04(火) 03:21:18|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香港旅行記(11月26~28日) 2日目その6 あの店を目指せ!

DSCF9102.jpg
尖沙咀へ到着した我々。
ある場所へ向けて、移動開始です。

DSCF9095.jpg
DSCF9104_20121203224824.jpg
尖沙咀もクリスマスモード一色。
こっちは比較的に見やすいね。

DSCF9096.jpg
まあこれは香港ではお約束www

DSCF9108.jpg
DSCF9109_20121203230009.jpg
スターフェリー乗り場から歩くこと、約10分。
優の良品の看板を見つつ、探していくと・・・

DSCF9110.jpg
あった!!!!

DSCF9112.jpg
まだ営業しているみたいです。

DSCF9111.jpg
そしてエビワソタソ麺は健在wwwww

実はこの店、前回訪港した際、朝飯を食いにここへ行ってたんですよ。
ここのエビワンタン麺と牛ホルモン煮込み麺がめちゃくちゃ美味かったんですよね。

後、面白メニューが見所。
ペニンシュラホテルのすぐそばにあるので、外国人も来れるようにしているようです。

お値段は300~400円前後と、香港ではちょっと高いなあと思いつつも、美味かったので特になんとも思っていませんでしたが・・・


なんと外国人及び観光客には、ぼったくり価格で提供していたことが判明

つか、これでぼったくり価格なのかよ。

んでまあ、今回の訪港の際、どうなっていたのかが気になって来てみたんですよ。

中へ入ると・・・

DSCF9114.jpg
DSCF9118.jpg
DSCF9116.jpg
DSCF9113.jpg
あのデタラメ日本語メニューは健在!!!

良かった・・・

DSCF9117.jpg
メニューの値段も一緒になっていました。
厳密に言うと、元の価格がぼったくり時の価格に値上がりしているだけなんですけどね。

ただ、蘋果日報に直撃された影響は残っていまして、上の面白メニューを撮影した直後に、店のおばちゃんから「No Photo.」と言われました。
やっぱり、警戒しているようです。

ちなみに味は普通に美味かったですよ。
肉団子もプリプリしてて美味かったですし。

つか、あの肉団子はこっちじゃ食えんぞ。

DSCF9124.jpg
DSCF9123.jpg
その後も夜の香港を楽しみまして、気づけば深夜・・・

DSCF9121.jpg
そんな中でもバスはガンガン走っています。
というのも、香港の路線バスの主要系統は24時間運行なんですよ。

厳密に言うと、昼系統と深夜系統の2つに分かれていまして、深夜系統の方が料金が割り増しになります。
てなわけで、ホテルに戻ると2時になってました。

その後は寝ましたが。

テーマ:香港 - ジャンル:旅行

  1. 2012/12/03(月) 23:24:36|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

MTR港鐡

Author:MTR港鐡
福岡市内に生息する虎党。
いろんなものを追いかけすぎて、収集がつかなくなっています・・・。

これまでの訪問者

おいでませ当ブログへ

閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
604位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。