MTR的活動日誌

現在、大阪で働いている福岡人が気の向くままに範囲が広くなっているかどうかは分からんけど、なんだかんだで綴っている趣味系統のブログらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川崎鶴見臨港バス八女営業所

西鉄久留米バスセンターで撮影するなら、やっぱり堀川バスなんですが、鶴見臨港八女営業所という名前はまだ健在のようです。
こんなのまで入ったようですよ?


8308(KC-LR333J)

おー、8Eまで来ましたか。
というか、堀川では久しぶりの中型車やないかな?

もちろん、臨港おなじみのあのチャイムは健在です。


4807(KC-LT333J)

こんなタイプのLTもいたりします。
もちろん、臨港の中古車です。
スポンサーサイト

テーマ:路線バス - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/29(月) 01:44:02|
  2. バス(堀川バス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの堀川

さて、西鉄久留米で撮影していると、1時間に4台くらいの割合で堀川バスに遭遇します。
どっちかというとこっちの方をメインに撮影しているわけなんですが、この堀川も何やら凄いことになっていましたよ。

DSCF2074.jpg
DSCF2075.jpg
8280 久留米200か301(U-LR332J)

川崎鶴見臨港バスの数少ない中型車であった6Eが堀川へ移籍してからそれなりに経ちますが、移籍してからは八女ローカルの運用に入っていたのに、最近は久留米地区の運用に入ることが多いようです。

DSCF2079.jpg
DSCF2041.jpg

9131 久留米200か843(KC-MJ218F改)

今まで堀川バスが「川崎鶴見臨港バス八女営業所」と呼ばれていた理由は、在籍車両の大半が鶴見臨港からの移籍車だったのですが、今回、まさかの名古屋市交通局からMJが移籍してきました。
こちらも普段は八女ローカルで使用しているんですが、ある日だけはこっちの運用に入ることが多くなっているようです。

その日とは久留米競輪開催時。
今年から久留米競輪の輸送が西鉄から堀川に変わったんですよ。

DSCF2066.jpg
4613 久留米200か368(U-LV324K)

DSCF2088.jpg
4625 久留米200か369(U-LV324K)

その為、競輪開催時もしくは場外発売時は大型車を競輪輸送に使うので(もちろん臨港バス中古)、一般路線は八女地区の中型車を持ってきている状態なんだとか。
しかし、それだけは足りないようで専用車としてこの3台を新たに購入しています。

DSCF2087.jpg
4844 久留米200か881(KC-LV380L)

DSCF2071.jpg
DSCF2065.jpg
4856 久留米200か882(KC-LV380L)

DSCF2070.jpg
4868 久留米200か883(KC-LV380L)

なんと横浜市営からV8が移籍。
臨港以外では初の大型車中古車の投入となりました。
もちろん、あの臨港チャイムは鳴らないんですが、今までが今までなのでかなり違和感を覚えますよ。

DSCF2067.jpg

もちろん座席は横浜市営時代と変わりません。
まあこの事例は結構ありますけどね。

テーマ:路線バス - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/06(火) 05:35:49|
  2. バス(堀川バス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MTR港鐡

Author:MTR港鐡
福岡市内に生息する虎党。
いろんなものを追いかけすぎて、収集がつかなくなっています・・・。

これまでの訪問者

おいでませ当ブログへ

閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
604位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。