MTR的活動日誌

現在、大阪で働いている福岡人が気の向くままに範囲が広くなっているかどうかは分からんけど、なんだかんだで綴っている趣味系統のブログらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5200系の復刻塗装車

観光キャンペーンの一環らしく、9月17日からVX05が初代名阪特急の2250系のカラーリングを纏って走っているそうです。
鶴橋で撮影する機会がありましたので、撮影してきましたよ。

IMG_3603.jpg
撮影開始から、約1時間ほどでやってきました。
まあ昼間のVXは、高安~上本町の間を行ったり来たりの運用ですし(ただ、一本だけ宇治山田まで行く運用もあるらしいけど)。

IMG_3633.jpg
もちろん折り返し便を狙いますが、折り返しは急行:宇治山田。
これを撮り逃したら、夜遅くまで帰ってきません。

IMG_3635.jpg
IMG_3636.jpg
IMG_3637.jpg
IMG_3638.jpg
塗装はこんな感じ。
なんか昭和期の山陽電車っぽいね。

IMG_3639.jpg
ちなみに後ろに連結されていたのはX27。
グレードに随分と差があるけど、近鉄じゃよくある話しです。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/03(月) 22:59:55|
  2. 鉄道(近鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄VX編成

どちらかと言えば、名古屋線のイメージが強い5200系VX編成ですが、何気なく高安に4編成が在籍していたりします。

まぁ大阪線ネタをやる上では、なかなか面白いネタになるんですがね。


VX06 撮影地:鶴橋

高安区のVX編成の特徴として、青山町を越える運用がほとんど無いという事です。
大抵は準急や急行運用ばかり。


VX05 撮影地:鶴橋

ご覧の通り、各停運用もあります。
つか、これを青山越えの運用に着かせたら良いのにと思っていたりはするんですが、団体運用とかでは普通に越えるみたいですね。

ちなみにこれ、グリマから出てはいるんですが、なにぶん長さがね…。
全く合ってないどころか、こないだ出た塗装済みキットよりも、車体長が長いってどういうことなのよ?

しかもちょっとどころじゃないし。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/06(火) 08:48:55|
  2. 鉄道(近鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄VW編成の違い

前回はVC編成を採り上げましたが、今回はVW編成の特集。

といいましても、このVW編成は製造当初はVC編成の中に組み込まれており、形式も1250系でした。

しかし、VC編成が日立製のVVVFインバーターを搭載しているのに対し、こちらは三菱製のVVVFインバーターを搭載していることから、1990年に現在の1422系、1430系へと変更されています。

もちろん電産記号でも、これによってVWという新しい形式が設定されることとなりました。 

ではでは、このVW編成の大まかな違いを見ていきましょう。


VW24 撮影地:鶴橋

1422系の特徴として、青山峠越えに対応していることと、1220系とは異なる台車を履いていること、三菱製のVVVFインバーターを搭載していることぐらいでしょうね。

現在は6本12両が在籍しており、全車両が高安所属となっています。


VW45 撮影地:鶴橋

そして1430系はというと、1422系を標準軌全線共通仕様にした物になります。
主な変更点は1230系とほぼ同じです。
まぁこの車両も1230系と同じく細かな仕様があるんですが、そこは気にするか気にしないかはあなた次第。

ただ2009年から、一部車体更新を受けた編成が1440系と改番されていまして、また複雑になっていきつつありますね。

とはいえ、電産記号にしたらVWの一つで片づくんですが。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/08(水) 02:58:16|
  2. 鉄道(近鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近鉄VC編成の違い

以前、後輩が近鉄の形式が複雑過ぎるという事を嘆いていたんですが、あれは電産記号表記にすると意外と分かりやすくなります。

まぁそれまでに電産記号を記憶しないといけないといけないという問題はありますが、それくらい近鉄は魔界というわけです。

あそこは素人には理解できんぞ。

つーわけで、今回は近鉄の編成から、後輩が嘆いていた中で、1200系列のVVVFインバーター制御車である1220系、1230系の簡単な解説を。

尚、解説は大阪線基準でいきます。

とはいえ、この編成も電産記号で表記したら、VCで片付くんですけどね。


VC23 撮影地:鶴橋

まぁVC編成では細かく分けるとかなりの数に分類されますが、大まかに分けると、1220系と1230系の2つに分かれます。

上のVC23は1220系なわけでして、この車両は1987年に1420系の量産タイプの車両になります。
1420系との違いは、1420系が三菱製のVVVFインバーターを搭載しているのに対し、1220系は日立製のVVVFインバーターを搭載しています。

他には青山峠越えに対応していることも特徴ですね。

ただ、この1220系は3編成を製造した段階で、1230系へ移行した為、現在も3編成しか存在していませんが、全車両が高安所属で、増結車として動いていますので、見ようと思えば見ることは出来ますよ。


VC53 撮影地:鶴橋

一方、1230系は1989年から製造された車両。

1220系との違いは、近鉄の標準軌路線の全路線に対応出来るようになっていることですね(これを標準軌全線共通仕様という)。
他にも台車が変更されていたり、歯車比も変更されています。

ただ、この1230系の場合、1233Fから仕様が変更された関係で、1233系、1240系、1249系、1252系etcとまぁかなり細かく分類出来ますが、まぁその辺はあまり追求しないのが良いと思いますよ。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/07(火) 06:56:16|
  2. 鉄道(近鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

X編成は悩む点が多い

まぁ2610系の話。

今回の近鉄計画では一応、導入予定はあるんですが、どの仕様にしようかで悩んでいます。

なんせ3種類もあるんだから…。


X23 撮影地:鶴橋
ごく普通のX編成。
GMが塗装ミスキットを出す前から、普通に作りやすかった車両。
まぁこれは普通だよな。


X13 撮影地:鶴橋
ちょっと難しい分散クーラータイプ。
これはマニア向けかな?

とはいえ、個人的に近鉄と言われると真っ先にこの車両が思い浮かびます。


X19 撮影地:鶴橋
今の所、2編成(X19、X20)しかいないレア車。
どの辺がレアかというと、この2編成はB更新時に両端の窓を固定化しているんですよ。
まぁ模型化の際は窓の加工でかなり悩みそうですな。

ただネタ的には面白いよね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/01(水) 02:27:22|
  2. 鉄道(近鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

MTR港鐡

Author:MTR港鐡
福岡市内に生息する虎党。
いろんなものを追いかけすぎて、収集がつかなくなっています・・・。

これまでの訪問者

おいでませ当ブログへ

閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
563位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。