MTR的活動日誌

現在、大阪で働いている福岡人が気の向くままに範囲が広くなっているかどうかは分からんけど、なんだかんだで綴っている趣味系統のブログらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦姫絶唱シンフォギア 第13話(最終回)


さて復活した3人ですが、以前、フィーネが強い状況。

かなり不利です。


ここでも3人が歌うわけですが、超アンバランスというのはお約束。
だってね…。


とはいえ、連携プレーでフィーネを倒す事に成功。

しかし、最後の悪足掻きで、月の欠けた部分が地球に落下してくるという事態に。


これも3人で破壊に成功しますが、同時に行方不明に…。

そして、話は1話冒頭部分に移るわけです。


これで話は繋がったものの、この直後、まさかのノイズの襲撃が…。

未来は絶対絶命のピンチになりますが


ここで3人が到着。

どうやら生きていたようです。
スポンサーサイト

テーマ:戦姫絶唱シンフォギア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/05(木) 07:17:59|
  2. アニメ(レビュー・2012年冬季)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖狐×僕SS 第12話(最終回)


小太郎の不安から、宮野さんが暴走し、タイムカプセルを埋める事に。

もちろん凛々蝶も誘われますが、このような扱いになるのはお約束。


ところがタイムカプセルを埋める直前に、御狐神へ渡す手紙とタイムカプセルに埋める予定の手紙を間違えるという痛恨のミスが発生!


珍しく慌てますが、時すでに遅し。
御狐神は読んでしまってました。


御狐神へどう言えば良いかで悶々とする凛々蝶ですが、そうこうしとるうちに御狐神が到着。

凛々蝶はここで御狐神に告白!

ようやったで!



結果は成功。

こうして二人は付き合うことになりました。




とはいえ、この辺をダイジェストで終わらせるのは勿体なさすぎるよ…。

テーマ:妖狐×僕SS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/05(木) 07:04:33|
  2. アニメ(レビュー・2012年冬季)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パパのいうことを聞きなさい! 第12話(最終回)


とうとうひなに事実を伝える空。
とはいえ、かなり遠回しに言いましたが…


この状態に…。

しかもこれにより、ひながお遊戯に参加したくないという状況に。

この状況に悩みに悩んだ裕太が出した結論とは


3人を従来通り育てるということでした。

とはいえ、あの家はどう考えても無理だろ?


とはいえ、ひなの参観日はもうすぐ。
ここで裕太は莱香にまさかのプロポーズ!

しかもピンポン。


とはいえ、本当に結婚するわけではなく、ひなの参観日に母親役をやってもらうということでした。

これにより、無事に成功。



とはいえ、多摩の家はやっぱり生活するには難しかったようで、結局、池袋の家に引っ越したとさ。

まぁなんだろうね。

R-15の時よりかはマシだけど、これもかなり原作を破壊しまくったね。

テーマ:パパのいうことを聞きなさい! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/05(木) 06:51:23|
  2. アニメ(レビュー・2012年冬季)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男子高校生の日常 第12話(最終回)


冒頭は女子高生は異常から。
まぁアークデーモン時代のせいで、かなり警戒しまくる唐沢。

流石だ。


これはめちゃくちゃ重いので、持ち上がりませんよ。
まぁお約束に近いよなぁと思っていると


タダクニの妹が持ち上げとるやないけ!

流石は妹。

だてにヨシタケをぶっ飛ばしただけはあるな。


なんかこう文学少女の扱いが雑になりましたな。


そしてりんごちゃんは相変わらずの馬鹿。
つか、絡まれすぎやろw

後、食い過ぎ。



しかしそんな男子高校生達もいよいよ卒業。
最後はしっかりと締めてくれるかと思いきや…。


まさかの夢オチですた。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/05(木) 06:40:01|
  2. アニメ(レビュー・2012年冬季)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの夏で待ってる 第12話(最終回)


檸檬が運転していたワゴン車がまさかのトランスフォーム。
流石は裏のヒロインw


そしてりのんも頑張ります。
いつもより、セリフ多めです。


んでまぁなんとか海人とイチカは、木崎湖に辿り着きますが、連邦の手によって、イチカは星に帰ってしまう事態に…。

でも、イチカが記憶していた風景と見事に一致していました。

つか、おねてぃからリンクしてたし。


その後は檸檬も転校してしまい、いつもの4人に戻るのかと思われましたが、イチカがいない海人はいまいち。


姉が帰ってきても、やっぱりいまいちの状態なんですが…


檸檬が残したテープを見て、気持ちを入れ替えたようです。
ちなみに映画は未完成。

後、檸檬はMITだったんですが、その研究所の中には…


あー!りのんが!? 
どうやら、置いてきぼりになっちゃったようですw

そして数年後、海人の高校の文化祭である映画が放映されるわけですが…


イチカが帰ってきてました。
やっぱりりのんを忘れてた事に気付いたようです。

テーマ:あの夏で待ってる - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/03/31(土) 13:42:21|
  2. アニメ(レビュー・2012年冬季)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

MTR港鐡

Author:MTR港鐡
福岡市内に生息する虎党。
いろんなものを追いかけすぎて、収集がつかなくなっています・・・。

これまでの訪問者

おいでませ当ブログへ

閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
316位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。